Loading...

まずはウッドデッキ!アウトドアリビングを楽しむポイント5選

近年、お庭でくつろげる空間として注目を集めるアウトドアリビング。

ウッドデッキは、リビングとお庭をつなぐおすすめアイテムです。

「アウトドアリビングを作り、子どもたちが遊べる場所にしたい」
「グランピングは敷居が高い、そこまで作り込まず、気軽に楽しみたい」

アウトドアリビングらしい空間づくりを楽しむなら、まずは「床」にこだわりましょう。

この記事では、

・ウッドデッキを使い、アウトドアリビングを楽しむポイント5選

を紹介します。

暮らす人の満足度は、床の質や使いやすさによって差が生まれます!

快適なアウトドアリビング作りの参考にしてください。

作ったら満足?ウッドデッキの設置がゴールではない

「とりあえずウッドデッキを作ろう!」

心意気は良いのですが、ウッドデッキを設置しただけでは、アウトドアリビング感は出ません。

リビングルームと一体化した空間として使うには、生活動線(家の中での移動ルート)や「室内からどう見えるか?」も計算しなくてはなりません。

ウッドデッキのサイズ選びも大切です。長さや奥行きを間違えると、はみ出た部分が雨ざらしで濡れ縁になってしまうことも…。

お住まい選びと同様に、アウトドアリビング感の演出に必要なサイズは、お庭のテイスト、サイズ、方角によっても変わります。

 

床から美しい空間を魅せる

アウトドアリビングを作るなら、まず床から美しい空間を魅せましょう。

美しさがないウッドデッキはただの足場、木質の床にしかなりません。

ウッドデッキの設置にあわせて、シェードのような目隠しや植栽を組み合わせると、美しい空間が演出できます。

お庭で食事をしたり、読書をしたり、時間や周囲の目を気にせずにくつろげる場所を作りませんか?

アウトドアリビングに合うウッドデッキは、こちらでも紹介していますので、参考にしてください。

アウトドアリビングの床を美しく演出する高級ウッドデッキ3選。上質な空間は床の仕上げから

壁や屋根は、あとからでも作れます。まずは床周りを優先させる考え方は理にかなっています。

アウトドアリビングを完成させるには、まずウッドデッキの設置から始めましょう。

 

ウッドデッキの快適さは、見極めるよりもプロに相談すべき

ウッドデッキには「快適さ」が求められます。

ウリンなど天然木を使ったものや、本物の木のような質感をもった樹脂製など高級ウッドデッキはたくさんあります。

ただしどんなにおしゃれで高級なウッドデッキがあっても、お庭そのものが快適な空間でなければ、宝の持ち腐れです。

ウッドデッキを導入する際は、サイズや高さに注意しましょう。

焚き火やくつろぎのスペースにいる自分を想像してください。

ウッドデッキが大きすぎると、動線が悪くなり、お庭が狭く感じるケースも考えられますよね。

小さすぎず、大きすぎず、お庭に合う絶妙なサイズ感を狙う必要があります。

ただ、設計の経験のない方がいきなり正解の答えを出すのは至難の業。アウトドアリングを設計してきた経験値を頼るのが正解です。

自分で無理に見極めるより、精通したプロに相談してください。

 

メンテナンスに使う手間を減らす

アウトドアリビングを作った後は、なるべくメンテナンス不要、または少ない方が気軽に使えます。

使うたびに毎回掃除するのは骨が折れますし、メンテナンスが頻繁に必要な床は、手間ばかりが増えて「楽しい」とは言えなそうです。

だんだんと利用頻度が下がってしまうのは、悲しいですよね。

そこで人工木やタイル、石材のようなメンテナンスフリーの素材を使えれば、手間が少なく済みます。

また、ガーデンシンク(流し台)を用意しておくと、掃除もカンタンです。

 

急がば回れ!お金を使うなら、場所を集中させよう

お金を使うなら、場所を集中させましょう!

アウトドアリビングを一度の工事で完成させようとすると、スペースも奪われ、工事が大変そうだから「やはりやめておこう」「子どもがもう少し大きくなってから?」などと考えがちです。

ゆっくり時間をかけ、少しずつ分けて工事しても構わないのです。使いづらい部分の改善には早めに着手した方が、ロスを減らせます。

目隠しフェンスを設置する前に、ウッドデッキだけ先に作っておけば、周囲の目は気になるかもしれませんが、お庭そのものは使えるようになります。

工事の箇所を集中させると、使い勝手を試しながら、失敗の少ない工事ができるのが魅力です。

 

ウッドデッキを使い、アウトドアリビングを楽しむポイント5選

ウッドデッキを使う際のポイントとして、

  • ウッドデッキの設置だけで満足しない
  • 床から美しい空間を魅せる
  • アウトドアリビングの設計は、プロに相談する
  • メンテナンスの手間を減らす
  • お金を使うなら場所を集中させる

以上の5つを解説しました。

 

アウトドアリビングの空間作りは、壁よりも床にこだわるのがおすすめ。床は身体が触れている時間が長いので、人が愛着を感じやすいのだそうです。

ウッドデッキは、リビングとお庭をつなぐ役割を果たすキーアイテム。

屋外で食事や読書をしていると、何気なく過ごしている空間がくつろぎの場所になっていることに気付くはず。

お庭は、向きや広さなど多種多様なので、そこで生活するご家族やスタイルにマッチする設計プランが必要です。

ウッドデッキを導入する前には、アウトドアリビング全体の設計をプロに相談しましょう。

グランテラス・デザインは、外構・お庭周りのデザインが得意で、アウトドアリビングを手掛けた実績も豊富です。

お客様のご要望に寄り添いながら、理想的なデザインを実現します。

ウッドデッキの使用をお考えの方は、紹介したポイントを意識して、アウトドアリビングでの空間作りを考えてみてください。

 

テラス空間やアウトドアリビングは、グランテラス・デザイン
にお任せください。

おうちごとに、お庭の広さ、家の間取り、方角が違います。

グランテラス・デザインは、「ゼロから作り上げる」お庭が得意です。

ガーデン空間の使い方、塀の色合い、心地よいベンチ配置まで、フルオーダーメイドでテラス空間やアウトドアリビングをデザインします。

きめ細かな要望にお応えするため、グランテラス・デザインでは自社の職人と自社のデザイナーによる責任設計&責任施工で、お届け致します。

そのため、工事もデザインも自社完結のため、余計な中間マージンを一切省き、最高のテラス・アウトドアリビング空間をリーズナブルな価格で実現できるのが私達の強みです。

お見積り・ご相談は無料で実施しています。ご気軽にご連絡ください。

LINEでのやり取りが最も早く、お写真などをお送りできてスムーズです。

BACK TOP

TEL電話見積り・相談

080-7734-6148

LINE無料見積り・相談

MAIL

お打ち合わせ予約